研究開発型インターネットコンサルティング
メニュー

ペンシル研究本のご紹介

ペンシルについて

ペンシル研究本のご紹介

ペンシルのことを、普通の会社案内やサービス案内ではない、もっと別の切り口で伝えていきたい。
でも、自分達ではどうやっても会社案内・サービス紹介になってしまう・・・。ということで、ペンシルとゆかりの深い有限会社ペーパーカンパニー、代表取締役の中村修治先生に相談しスタートしたのが、この企画です。
表向きに語られることの少ないペンシルの内情を、6冊1シリーズの書籍として発売していこうという取り組みです。ペンシルを知っている方も、知らない方も、ぜひ「ペンシル企業研究本」をご一読いただければと思います。

ペンシル研究本シリーズ 第1作
おたくあがり『P(ペンシルプライド)』

ペンシル研究本シリーズ 第1作 おたくあがり『P(ペンシルプライド)』

ペンシルの幹部会議を見て驚くのは、その幹部のみなさんのほとんどが、きっと「おたく」であろう人材ばかりなわけである。会議も全然調子よくない。なんか発言もモゴモゴしている方が多い。細身のスーツなんか誰も来ていない。ヒゲがあっても、それは昨夜お風呂に入れなかったからの無精ひげである。ペンシルという会社がなかったら、いまごろきっとのガード下で野宿しているんじゃないかという人までいる。

− ペンシル研究本・おたくあがりシリーズ 第1作「P」より抜粋

ペンシル研究本シリーズ 第2作
おたくあがり『E(ペンシルエナジー)』

ペンシル研究本シリーズ 第2作 おたくあがり『E(ペンシルエナジー)』

おたくのエネルギー。もう得体が知れないわけである。電車を追いかけ全国を巡る撮り鉄の連中のパワーは何処からくるのか?コミケと呼ばれるイベントに何十万人も押しかけ何億もの市場が形成されるエネルギーは、日本をホントにクールにしているのか?常人にはわからない。ペンシルの現場にも、間違いなくこの得体の知れないエネルギーが満ちている。おたくに正解はないのである。ゴールもない。突き詰めていくだけである。そのときの満足感が全てである。だから、結果もついてくる。ペンシルの現場は、おたくのエネルギーの坩堝である。

− ペンシル研究本・おたくあがりシリーズ 第2作「E」より抜粋

ペンシル研究本シリーズ 第3作
おたくあがり『N(ペンシルネットワーク)』

ペンシル研究本シリーズ 第3作 おたくあがり『N(ペンシルネットワーク)』

おたくのネットワーク。部屋にこもってゲームをしている人だけがおたくではない。鉄道おたくは、カメラを肩にひっさげて、絶好の撮影スポットを巡る。コミケの祭典には、全国からウヨウヨと何十万人のおたくが集まる。目的が達成できるなら何処へでも行く。意外とおでかけ好きのおたくは多い。そんなおでかけ好きのおたくの情報ソースは、常に、口コミである。要は、ネットワークである。部屋に独りでウジウジしているのがおたくではない。目的達成のために必要なネットワークをしっかりと構築しているのがおたくなのである。

− ペンシル研究本・おたくあがりシリーズ 第3作「N」より抜粋

(有)ペーパーカンパニー (株)キナックスホールディングス 代表取締役社長 中村修治

(有)ペーパーカンパニー
(株)キナックスホールディングス
代表取締役社長 中村修治

1986年に立命館大学を卒業。1994年にペーパーカンパニーを設立し独立。以降、大手広告代理店のブレーンとなって多種多様な企画にいっちょかみをする。福岡に企画会社など存在もしなかったころから20年も前線で生きている戦略プランナー。

最近は、JR博多シティのネーミングなどコンセプターとしての活動が多い。2006年に福岡初の戦略的PR会社(株)キナックスホールディングスを立ち上げる。通販会社に留まらず多種多様な企業の顧問および福岡大学の非常勤講師も務める。

ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。自身がやってるフェイスブックでは、毎月15,000いいね以上をコンスタントに獲得。日本各地にお友達が増殖中である。

株式会社ペンシルの覚田義明とコンビを組み「スティーブとジョブス」として経営漫才を企画〜披露。経営セミナーに笑いとイノベーションを起こしている。笑