研究開発型インターネットコンサルティング TOKYO | FUKUOKA|TAIWAN | SAN FRANCISCO
メニュー

ペンシルとアイレップが業務提携、戦略的サイト分析ツール「スマートチーター5.0」の 販売代理店契約を締結

リリース

2010.08.17

ペンシルとアイレップが業務提携、戦略的サイト分析ツール「スマートチーター5.0」の 販売代理店契約を締結

研究開発型Webコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:覚田義明、以下ペンシル)は、自社開発を進める戦略的サイト分析ツール「スマートチーター」の販売代理店契約を株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:紺野俊介、証券コード:2132、以下アイレップ)と締結いたしました。
また、ペンシルとアイレップは、共同研究開発・共同セミナーを視野に入れた業務提携を結ぶことにも合意いたしました。

代理店販売開始の背景

「スマートチーター」は、2005年から5年間に渡り開発を行ってきた、ペンシルの哲学を集約した自社開発のサイト分析ツールです。最新版「スマートチーター5.0」はコンサルティングに特化したツールへと進化しています。今回、より多くのクライアント様に利用して頂くことを目的に、アイレップとの販売代理店契約の締結に至りました。アイレップは、このようなツールを積極的に提供することで今後もクライアント企業様の満足度の向上を目指しています。

共同研究開発

Webサイトの成果を出すためには、しっかりと現状を測定し、問題点を見つけることが非常に重要な要素で、解析を行わなくては、Webサイトを成功に導くことができません。そのために、Webサイトの研究や実験、改善前の状況と改善後の検証のノウハウや技術が不可欠です。
ユーザーの動向を調査し、より成果を出せるサイト戦略のあり方を作り出すには様々な研究する必要があります。そこで、ペンシルとアイレップはサイト戦略構築の専門家としてのノウハウ・技術の開発のため、共同研究開発を開始予定です。

共同セミナー

いままで行ってきた研究・実験・成果など、少しでも多くの人に伝えていきたいと考えています。両社のノウハウを集結した、最新の情報を紹介する共同セミナーを開催致します。

スマートチーター5.0の概要

スマートチーター5.0は、Webサイトの問題点を発見しやすい形に構成されたWeb解析ツールです。またログファイル分析型の特徴を活かし、過去データとの比較分析や、高精度でのフィルタリングも可能です。

戦略的サイト分析ツール スマートチーター
http://www.pencil-cheetah.jp/

スマートチーター5.0の主な特徴

Webサイトの問題点発見につながりやすいメニュー構成
スマートチーターが持つサイト分析シート上では各種レポートが、プロモーション、コンテンツページ、エントリーフォーム等の分析観点ごとにまとめて配置されています。それにより、集客から成果に至る一連のプロセスのどこに問題点が潜んでいるのかを見つけやすくなっています。
豊富な導線分析機能
各ページごとの直帰数や直帰率はもとより、エントリーフォームに対する遷移の割合や、ページ間でのユーザ遷移状況を表現したマトリクス図を活用することで導線を詳細に分析し、サイトの改善へつなげることが可能となります。
過去データを活用した解析
ログファイル型の特徴を活かし、ツール利用開始時点で最大過去5年分のデータを対象として分析を行うことができます。例えば流入数や流入キーワード、流入元サイト、エントリー数などを前月、前年度と比較することがツールの利用を開始したその日から可能となります。
精度の高い解析を実現するフィルター機能
ログファイルから分析データを抽出する際に、用途に合わせたフィルタリングを行うことができます。例えばテスト用ページや、自社IPアドレスなどを分析対象外に設定しておくことで、より精度の高い分析を行うことが可能となります。

株式会社アイレップについて

所在地
150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号青山ファーストビル
拠点
東京/大阪/福岡
代表者
高山雅行 紺野俊介
設立
1997年11月
資本金
5億3,789万円(2010年3月末現在)
URL
http://www.irep.co.jp/
事業内容
SEMサービス、モバイル SEMサービス、インターネット広告、サイト売買仲介事業(サイトストック)、バーティカルマーケティング領域、住宅展示場サイトの運営(総合住宅展示場)など
株式会社ペンシルについて

株式会社ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

この他のリリース

「Women Techmakers Kyusyu 2017 IWD」にWEBツール開発局 プログラマー 今村仁美が登壇

リリース

2017.04.17

「Women Techmakers Kyusyu 2017 IWD」にWEBツール開発局 プログラマー 今村仁美が登壇

「Women Techmakers」は、3月8日の国際女性デーに合わせ毎年3〜4月にかけてテクノロジー業界で活躍する女性が情報交…

「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」にて、シルバーパートナーおよびエリアデベロップメントパートナーに同時認定

リリース

2017.04.11

「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」にて、シルバーパートナーおよびエリアデベロップメントパートナーに同時認定

株式会社ペンシルは、ヤフー株式会社が定める「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」において、「シルバー…

「これからの働き方を考えるワークショップ」に代表取締役社長COO倉橋美佳が登壇

リリース

2017.04.06

「これからの働き方を考えるワークショップ」に代表取締役社長COO倉橋美佳が登壇

女性の大活躍推進福岡県会議とNPO法人ファザーリング・ジャパン(九州イクボスプロジェクト)が主催する「これからの働き方を考えるワ…

日本初、台湾越境EC向けショッピングカート「スマイルツールズ 台湾」に《定期購入オプション》を追加

リリース

2017.04.05

日本初、台湾越境EC向けショッピングカート「スマイルツールズ 台湾」に《定期購入オプション》を追加

株式会社ペンシル(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下ペンシル)は、アンダス株式会社(所在地:福岡市中央区…

経済産業省「中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集」にペンシルの取組事例が紹介されました

リリース

2017.04.04

経済産業省「中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集」にペンシルの取組事例が紹介されました

経済産業省 中小企業・小規模事業者の人手不足対応研究会が公表する「中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集」に、子育てや介護な…

ANNGLE(タイ)と業務提携、タイ最大の日本情報配信タイ語ウェブメディア「ANNGLE」を活用したインバウンドプロモーション/越境EC支援サービスを提供

リリース

2017.03.30

ANNGLE(タイ)と業務提携、タイ最大の日本情報配信タイ語ウェブメディア「ANNGLE」を活用したインバウンドプロモーション/越境EC支援サービスを提供

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペンシ…