LA PECCHIN

LA PECCHIN とは?

とある平日の18時。
「カフェ」というなんの捻りもない名前で呼ばれるオフィスの一角に集まってくるのは、定時を1時間後に控え、程よくお腹をすかせた社員。
コック帽をかぶった人間がオフィスで料理をする異様な風景に突っ込む者はおらず、何事もなかったかのように通り過ぎる者もいれば、仕事の手を止め興味津々に料理風景を眺める者も。日常の中にある非日常からは自然と会話が生まれ、相手との距離が確実に縮まっていくことを実感する。
シェフの名は、のぶゑ。
彼の気まぐれで月1回開店する「LA PECCHIN」は、今日も社員のお腹を満たしている。