研究開発型インターネットコンサルティング
メニュー

Teknobos「Rahasia Meningkatkan Konversi Web Dengan Smart Cheetah(スマートチーターによるコンバージョン増加の秘密)」

メディア掲載

2018.04.24

Teknobos「Rahasia Meningkatkan Konversi Web Dengan Smart Cheetah(スマートチーターによるコンバージョン増加の秘密)」

インドネシアのテクノロジー系ニュースメディア「Teknobos」に、インドネシアのOTOMART社の成功事例と、OTOMART社のウェブサイト改善に使用されたペンシルのサイト分析のためのヒューマナライズ・プラットフォーム「スマートチーター」について紹介されました。

Teknobos

OTOMART社成功事例の裏にスマートチーター

インドネシアのテクノロジー系ニュースメディア「Teknobos」に、インドネシアのOTOMART社の成功事例と、OTOMART社のウェブサイト改善に使用されたペンシルのサイト分析のためのヒューマナライズ・プラットフォーム「スマートチーター」について紹介されました。

Rahasia Meningkatkan Konversi Web Dengan Smart Cheetah
(スマートチーターによるコンバージョン増加の秘密)
https://teknobos.com/cara-meningkatkan-konversi-web

関連記事

OTMART社 成功事例

アクセス解析からボトルネックを特定。トップページの車両検索フォームのUIを改善しPCのCVRは約1.7倍、SPのCVRは約2.1倍に!
https://www.pencil.co.jp/success/otomart/

スマートチーターの最新バージョン

サイト分析のヒューマナライズ・プラットフォーム 「スマートチーター21.0」公開で5つの新機能を追加、エンゲージメント計測でブランド戦略を支援(2018年3月1日)
https://www.pencil.co.jp/release/20180301_01/

株式会社ペンシルについて

株式会社ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

この他のメディア掲載

日本ネット経済新聞「有識者に聞く!〈2021年のEC市場展望〉- 求められる『本物』のモノづくり」

メディア掲載

2021.01.15

日本ネット経済新聞「有識者に聞く!〈2021年のEC市場展望〉- 求められる『本物』のモノづくり」

日本ネット経済新聞(2021年1月14日号)の「有識者に聞く!〈2021年のEC市場展望〉」特集に、2021年のD2C(Dire…

NHK「ロクいち!福岡」出演

メディア掲載

2020.12.10

NHK「ロクいち!福岡」出演

NHK「ロクいち!福岡」で、ペンシルのダイバーシティ経営の取組みが紹介されました。

NHK「実感ドドド!」出演

メディア掲載

2020.11.20

NHK「実感ドドド!」出演

「女性リーダーが社会を変える!」をテーマにしたNHK「実感ドドド!」で、ペンシルのダイバーシティの取組みが紹介されました。

eccLab「越境・海外展開を支援するペンシル、東南アジア最大級ECプラットフォームLazadaと提携」

メディア掲載

2020.11.09

eccLab「越境・海外展開を支援するペンシル、東南アジア最大級ECプラットフォームLazadaと提携」

eccLabに、東南アジア最大級のECプラットフォーム「Lazada(ラザダ)」との提携について掲載されました。

日本ネット経済新聞「ペンシル、東南アジア最大級ECモール『Lazada』と提携 アジア6カ国への同時進出が可能に」

メディア掲載

2020.11.09

日本ネット経済新聞「ペンシル、東南アジア最大級ECモール『Lazada』と提携 アジア6カ国への同時進出が可能に」

日本ネット経済新聞に、東南アジア最大級のECプラットフォーム「Lazada(ラザダ)」との提携について掲載されました。

LINE for Business コラム「スマホ以来のデジタルシフトに備え、ECで取り組むべき『接客DX』の是非」

メディア掲載

2020.10.15

LINE for Business コラム「スマホ以来のデジタルシフトに備え、ECで取り組むべき『接客DX』の是非」

LINE for Businessのコラムに、「LINE Frontliner」の初期メンバーとして活動する代表取締役社長 倉橋…