ペンシル✕学生 ぴぃ学

ぴぃ学、勝馬小学校の場合

2019.07.03

ぴぃ学、勝馬小学校の場合

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供しています。

ペンシルにどっぷり浸かった個性豊かな学生が、一体何を学び、どんなことを感じたのか?を紹介する「ぴぃ学」。今回は、博多港からフェリーで30分の距離にある「志賀島(しかのしま)」から勝馬小学校の皆さまにお越しいただきました。

勝馬小学校ってどこにあるの?

勝馬(かつま)小学校は、福岡市の博多港からフェリーで30分の距離にある人口約1,600人の「志賀島(しかのしま)」にある小学校です。島といっても陸続きのため、車やバスでも約40分とアクセスは抜群。1周約12kmという小さな島のため、サイクリングにもピッタリです。

そんな志賀島ですが、皆さんも歴史の授業で一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は、1784年、江戸時代中頃に「漢委奴国王」の文字が刻まれた「金印」が発見されたのが、この志賀島なのです。

歴史ある志賀島の勝馬小学校は、児童数36名の小さな学校。今回は5年生4名、6年生5名の計9名の皆さまがペンシルの研究にいらっしゃいました。

参考:志賀島 福岡市公式シティガイド よかなび(福岡市)
https://yokanavi.com/spot/27159/

こんにちは、社長です。

代表取締役社長 倉橋美佳

「シャチョウ」って偉い人!
会社をまとめるのが「シャチョウ」でしょ!


「社長」に対する様々なイメージが膨らむ中、いつもとは違うオーディエンスに表情が緩むペンシルの代表取締役社長 倉橋美佳が登場。

「社長は男性だと思ってた!」という声が漏れるなど、事前にイメージしていた社長像とは少し違ったようです。お互いに自己紹介を行い、倉橋から小学生世代に向けたメッセージを贈りました。

はじめての社員証、はじめての名刺交換

社員証と名刺

自己紹介の後、倉橋から一人ひとりに配られたのはペンシルの社員証と自分の名前が書かれた名刺。9名にはペンシルの「特別顧問」に就任していただきました。

人生ではじめての社員証と名刺。「わぁ!」「やったぁ!」とその場が様々な歓声に包まれます。

しかし、名刺をもらって終わりではありません。名刺は交換してはじめてその価値が生まれます。ペンシルの社員との名刺交換をかねた社内見学にスタートです!

カイシャに潜入

社内見学スタート

4〜6階の3フロアに分かれているペンシル福岡オフィス。4階の会議室や6階セミナールームフロアなどを見学した後、最終的にペンシルの社員が働く5階に到着。いよいよ実際に働く人を見学できるとあって、緊張の面持ちです。

名刺交換、ジッセン!

名刺交換

緊張する…!
あの人、話しかけてもいい?


最初こそ少し緊張したものの、その緊張はすぐに吹き飛びました。各部署で社員を見つけては積極的に名刺交換に挑む生徒たち。練習の成果もあり、自己紹介とともに堂々と名刺交換ができています。

名刺交換

いま何人と交換した?!
僕、23人!


「最低5人と名刺交換する」という目標は全員余裕でクリアした様子。時間ギリギリまで粘って、様々な職種のスタッフと交流を深めます。

共通しているのは、全員パソコンを使って仕事をしているということ。インターネットを活用し、遠く離れた社員やお客様ともやり取りをしているようです。

会社説明の様子

ペンシルのシゴト

社内見学が終わり、会議室に戻ってきた一行。最後に、現場で活躍するウェブプロデューサーから、ペンシルの仕事について説明を受けます。

ペンシルがインターネットを使ってお客さまの通販サイトなどを支援している様子を帽子屋さんを例に解説。また、実際にサーチエンジンで検索を行いながら、テーマパークやゲームといった分かりやすい題材を用いてインターネットの仕組みを説明しました。

将来の夢はいつ決まりましたか?
バナナは好きですか?


仕事にまつわるものからかわいらしいものまで、講師を務めたWEBコンサルティング事業部の村里に質問が絶えない時間となりました。

さいごに

全てのプログラムが終了し、生徒からは「楽しかった!」「インターネットの仕事に興味を持った」「働くことの大変さも知りました」など、様々な感想をいただきました。「将来ペンシルに入りたい!」という声には、思わず人事担当も心の中でガッツポーズです。

生まれたときからインターネットが存在しているデジタルネイティブ世代。「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」というペンシルの企業理念のとおり、若い世代のコンテンツ力や発信力でぜひ世界を革新していく存在になっていくと期待しています。

皆さま、ペンシルにお越しいただきありがとうございました。またいつか再会できる日を夢見て。
(「特別顧問」ですので、社員証を片手にいつでも遊びに来てください!)

福岡市立 勝馬小学校 ウェブサイト
http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/elkatuma/

社内見学をご希望の教育機関の皆さま

ペンシルは今後もこのような教育活動に積極的に参加して参ります。お気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社ペンシルについて

株式会社ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

この他のぴぃ学

ぴぃ学、真実と美月の場合 〜プレゼン編〜

2019.10.17

ぴぃ学、真実と美月の場合 〜プレゼン編〜

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…

ぴぃ学、真実と美月の場合 〜インターン編〜

2019.09.25

ぴぃ学、真実と美月の場合 〜インターン編〜

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…

ぴぃ学、ペンシルファミリーデイ2019の場合 〜インタビュー編〜

2019.07.25

ぴぃ学、ペンシルファミリーデイ2019の場合 〜インタビュー編〜

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…

ぴぃ学、ペンシルファミリーデイ2019の場合

2019.07.25

ぴぃ学、ペンシルファミリーデイ2019の場合

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…

ぴぃ学、霞翠小学校の場合

2019.07.12

ぴぃ学、霞翠小学校の場合

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…

ぴぃ学、果穂と優紀の場合 〜プレゼン編〜

2018.10.30

ぴぃ学、果穂と優紀の場合 〜プレゼン編〜

「若者にチャンスと環境を与えたい」という創業時の想いにより、ペンシルではインターンシップなど様々なカタチで学びの場を提供していま…