研究開発型インターネットコンサルティング
メニュー

サイト分析のヒューマナライズ・プラットフォーム「スマートチーター24.0」を公開、オウンドデータ分析を可能にする17の分析機能を一斉搭載

リリース

2019.09.03

サイト分析のヒューマナライズ・プラットフォーム「スマートチーター24.0」を公開、オウンドデータ分析を可能にする17の分析機能を一斉搭載

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペンシル)は、ウェブサイトのデータの裏側にあるユーザー心理やライフサイクルを意識したサイト分析が可能なヒューマナライズ・プラットフォーム「スマートチーター」に、ユーザーの購買データなど自社が保有するオウンドデータの分析を強化する17の新機能を追加し、2019年9月2日よりバージョン24.0を提供開始しました。

スマートチーター24.0

オウンドデータ分析に17の新機能を一斉搭載

変化する分析事情にあわせ効率的なサイト分析を

オウンドデータ分析

IoTやOMO(Online Merges with Offline)の発展により、データはますます多様化し、ウェブ広告閲覧から実店舗への来店データなど、これまでは取得できなかったデータを取得することで、さまざまなデータとの連携・分析が可能になっています。

一方、プライバシー保護やセキュリティ強化の重要性が高まっていることで、サードパーティデータとデータの「個人」を結びつけることが困難になりつつあり、これまでは取得できていたサードパーティデータが利用できなくなるため、自社で保持・収集するデータ(オウンドデータ)の活用が急務となっていきます。また、データ分析の重要性が増していく中、データアナリスト人材の不足が課題となっているため、基本的な分析はアナリストを介さずに、すばやく分析・意思決定ができる仕組みの構築とスピーディな情報共有が求められています。

このような背景から、スマートチーターに17の機能を持つ「オウンドデータ分析」を搭載しました。購買データやアンケートデータなど、企業が保持するデータを連携させ、手軽にすばやく分析できる機能を搭載し、手元での絞りこみや期間変更などを行うことができるため、アクセス解析ツールのような感覚でオウンドデータの分析が可能です。

これまでも、「アンケート閲覧傾向分析」、「DMP分析」など、ログデータとオウンドデータの統合・分析メニューを開発してきましたが、今回、目的を限定せずに汎用的なデータ統合・分析ができるしくみを新たに搭載したことで、より多目的でスピーディな分析の基盤構築が可能となりました。今回は購買データの分析に特化した17機能を搭載し、今後は、ダッシュボードの充実や共通レポート機能を追加していく予定です。

オウンドデータ分析 新機能一覧

売上ダッシュボード/売上推移(新規・既存別)/購入件数推移(新規・既存別)/平均注文単価(新規・既存別)/初回定期率/定期契約加入数/引上数・引上率/引上タイミング/定期稼働分析/初回購入月別LTV推移/初回購入月別LTV推移(リピーターのみ)/RF顧客分析/購入までの間隔(購入回数別)/購入商品ランキング/同時購入商品個数の分布/カテゴリ併売ランキング/商品併売ランキング(※本機能はオプション料金での提供です)

ユーザー行動分析を正式リリース

より精度の高いユーザーの追体験を可能に

ユーザー行動分析

様々な条件でユーザーを抽出し、個々の動きを観ることでユーザーの追体験を可能とするユーザー行動分析に、オウンドデータとの連携機能を追加して正式リリースしました。ユーザー行動分析は、属性ごとのサイトの課題を解決するために開発している機能で、2019年3月にリリースしたβ版では、流入元のウェブサイトや閲覧ページなど、主に「セッション」での抽出でしたが、今回、オウンドデータと連携が可能になったことで、購入商品や性別、年代、LTV価格帯、アンケート分析によるカテゴライズなど、様々な条件でのセグメント・抽出が可能になりました。

コンバージョン者と非コンバージョン者をわけて分析することができるため、サイトのボトルネックを把握することも可能です。今後も、カテゴリー同士の比較や、分析ポイントの抽出が容易になる支援機能を追加し、さらにバージョンアップを続けていく予定です。(※本機能は当社のコンサルティングサポートツールとして開発。オプション料金での提供です)

AIプラットフォームの研究開発を開始

人間の創造性・思考を加速

AIプラットフォーム

ペンシルでは、クライアントをより速く・確実に成功に導くための生産性向上や持続可能な組織づくりを推進しています。AI領域においては「クリエイティブ経営×AI」をテーマに、スタッフ一人ひとり(人間)がよりクリエイティビティを発揮することを支援するAIプラットフォームの研究開発に着手しました。

現在は顧客のビジネスの収益性を最大化するための予測技術の研究を進めています。今後は、AIによる消費者・市場環境のシミュレーション、クリエイティブ評価・効果予測、行動予測・改善サジェストなどの領域にも取り組んで参ります。

スマートチーターとは

スマートチーターロゴ

スマートチーターは、ペンシルのウェブコンサルティングの技術とノウハウを結集して開発を続けるヒューマナライズ・プラットフォームです。2006年に開発を開始し、アクセス解析機能やサイト改善の効果測定機能など、アップグレードを重ねるごとに新機能を追加しています。「簡単」「高速」「わかりやすい」が特徴で、サイト分析の初心者にも扱いやすく、また、ペンシルのコンサルタントが現場で活用しているアイデアやサイト分析ノウハウを盛り込んでいるため、サイト分析のエキスパートにも納得いただける機能を兼ね備えています。

スマートチーター 公式サイト:http://www.pencil-cheetah.jp/

株式会社ペンシルについて

株式会社ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

この他のリリース

D2Cコンサルティングを推進する「D2C事業部」を設立、ニューノーム時代に選ばれる Direct from Japan ブランドを支援

リリース

2020.06.05

D2Cコンサルティングを推進する「D2C事業部」を設立、ニューノーム時代に選ばれる Direct from Japan ブランドを支援

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

先行D2C企業が実践するブランディングから学ぶこと、アドテック東京にD2C事業部 ゼネラルマネージャー 関洋祐が登壇

リリース

2020.06.01

先行D2C企業が実践するブランディングから学ぶこと、アドテック東京にD2C事業部 ゼネラルマネージャー 関洋祐が登壇

2020年10月29日(木)〜30日(金)、東京国際フォーラムにて開催されるアジア最大級のマーケティングカンファレンス「アドテッ…

コロナ禍の企業取組みはどれくらい好感度に影響する? 新型コロナウイルスの影響によるシニア消費動向調査・第二弾

リリース

2020.05.20

コロナ禍の企業取組みはどれくらい好感度に影響する? 新型コロナウイルスの影響によるシニア消費動向調査・第二弾

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペン…

エスエイウェアハウスと資本業務提携、ベトナム小売流通業界のデジタル化に参入

リリース

2020.05.18

エスエイウェアハウスと資本業務提携、ベトナム小売流通業界のデジタル化に参入

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

アフターコロナでシニア需要はどう変わる?新型コロナウイルスの影響によるシニア消費動向調査・第一弾

リリース

2020.04.30

アフターコロナでシニア需要はどう変わる?新型コロナウイルスの影響によるシニア消費動向調査・第一弾

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペン…

代表取締役社長 倉橋美佳による新型コロナウイルス感染予防ポスター「みんなのために!手を洗おう!」公開

リリース

2020.04.14

代表取締役社長 倉橋美佳による新型コロナウイルス感染予防ポスター「みんなのために!手を洗おう!」公開

新型コロナウイルス感染予防の啓発を目的とし、代表取締役社長 倉橋美佳による手描き啓発ポスター「みんなのために!手を洗おう!」を公…