研究開発型インターネットコンサルティング
メニュー

がんになっても働き続けられる会社に、ペンシルが「がんアライ宣言」を発表

リリース

2023.04.07

がんになっても働き続けられる会社に、ペンシルが「がんアライ宣言」を発表

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシル)は、治療しながら働くがん罹患者がいきいきと働くことができる職場や社会を目指すプロジェクトに賛同し、がんアライ宣言を発表しました。

「がんアライ宣言」とは

2017年10月に発足した、がんと共生できる社会を目指し、情報発信・啓発活動を推進しながら「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」が行う活動。

がん罹患者の味方「アライ(ally)」であること、「がんとともに働き続けられる企業」がんとともに働き続けられる環境をつくるために取り組むことを企業が宣言するものです。

がんアライ宣言 公式ページ
https://www.gan-ally-bu.com/declare

がんアライ宣言の背景

日本人の2人に1人がなるとも言われる「がん」。2023年3月28日に閣議決定が行われたがん対策基本計画には、自治体と企業の連携などによってがん検診を推進し、受診率の目標をこれまでの50%から60%に引き上げることが盛り込まれました。

2022年7月の厚生労働省の資料「令和3年度 がん検診受診率の現状調査、がん検診推進の取り組み、及び がん患者の就労支援の実態調査結果報告」によれば、『がん対策推進企業アクション』推進パートナー企業・団体704社のがん検診の受診率は右記の通りです。

・胃がん 51%
・肺がん 75%
・大腸がん 65%
・乳がん 44%
・子宮頸がん 35%
(数値は従業員数を加味した加重平均)

2023年3月に厚生労働省が発表した『がん対策推進企業アクション』推進パートナー企業・団体1004社へのアンケート結果では、ペンシルおよび同規模企業/同業種企業のがん検診受診率は下記となりました。

がん検診受診率

ペンシルでは、がん検診の受診促進や費用負担、検診ハードルの高さが懸念される乳がん・子宮頸がん受診者への配慮など受診率を高める取り組みを行っており、受診率は全国の企業・同規模・同業種企業と比べても比較的高くなっています。

今後は、さらに受診率100%に向けた取り組みやがんへの理解促進、そしてがんになった人が治療をしながら働き続けられるような両立支援の整った環境づくりを進めることを改めてコミットメントとして発信したいと、がんアライ宣言を発表しました。

がんアライ宣言

ペンシルのがんアライ宣言

ペンシルは、以下のように宣言をいたしました。

1.私たちは、がんに罹患しても働き続けられる社会であることを望んでいます。

2.がん検診の受診率向上・がんへの理解促進に向けた取り組みを行い、がんになった人も治療を続けながら、その個性や能力を活かして働き続けられる環境づくりを行います。

がんアライ宣言

ペンシルは、スタッフやその家族の健康が、「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」という理念実現に向けたチャレンジやイノベーション創出の源であるという考えのもと、心身ともに健康的で幸せに働きがいを感じられる組織づくりを目指しています。

がんをはじめとする病気の治療、介護、子育てなど、スタッフの事情もさまざまありますが、一人ひとりが幸せに、いきいきと、最大限のパフォーマンスで働く組織であり続けるために、健康経営を実践していく所存です。

ペンシルの「健康的な働き方」について詳しくはこちら
https://www.pencil.co.jp/about/health/

関連記事

ペンシルが「福岡市 Well-being&SDGs 登録制度」のマスターとして認定されました
https://www.pencil.co.jp/release/20220824_01/

ペンシルがダイバーシティ&インクルージョン認定制度『D&Iアワード2022』で最高評価「ベストワークプレイス」に認定、「D&Iアワード大賞」を受賞
https://www.pencil.co.jp/release/20230216_01/

株式会社ペンシルについて

株式会社ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

この他のリリース

テクノロジーでスタッフを支援する「DX経営コンサルティング」を開始!ビジネスの付加価値向上を目指す

リリース

2024.05.21

テクノロジーでスタッフを支援する「DX経営コンサルティング」を開始!ビジネスの付加価値向上を目指す

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

ペンシルが法務省「Myじんけん宣言 性的マイノリティ編」に賛同、LGBTQ+への取り組みを紹介

リリース

2024.05.17

ペンシルが法務省「Myじんけん宣言 性的マイノリティ編」に賛同、LGBTQ+への取り組みを紹介

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

COW(カーボン・オフセット・WEBサービス)を提供開始、ペンシルが独自研究ノウハウによってグリーンITの推進を支援

リリース

2024.04.22

COW(カーボン・オフセット・WEBサービス)を提供開始、ペンシルが独自研究ノウハウによってグリーンITの推進を支援

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

ペンシルの男性育児休業取得率が100%を達成、「東京パパ育業促進企業」ゴールドに登録

リリース

2024.04.17

ペンシルの男性育児休業取得率が100%を達成、「東京パパ育業促進企業」ゴールドに登録

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシ…

厚生労働省「地域で活躍する中小企業の採用と定着 成功事例集」にペンシルの取組が掲載されました

リリース

2024.04.15

厚生労働省「地域で活躍する中小企業の採用と定着 成功事例集」にペンシルの取組が掲載されました

厚生労働省「地域で活躍する中小企業の採用と定着 成功事例集」にペンシルの取り組みが掲載されました。全国の各地域、多業種の中小企業…

九州一の歴史と規模を誇るマネジメントスクール「九州生産性大学」の経営講座で代表取締役社長の倉橋美佳が講演

リリース

2024.04.12

九州一の歴史と規模を誇るマネジメントスクール「九州生産性大学」の経営講座で代表取締役社長の倉橋美佳が講演

公益財団法人九州生産性本部が行う、九州一の歴史と規模を誇るマネジメントスクール「九州生産性大学」にて2024年4月24日から開講…